地熱発電S|地熱・温泉開発|  温泉S|温泉スケール抑制システム| 温泉分析書発行 |
自然防災S|火山活動のモニタリング |高精度傾斜計の適用例|噴火予知 |科学掘削|

 
new  

  温泉分析書へ戻る  お見積、お問い合わせフォームへ進む

良くある質問をまとめてみました。

Q01
【問】温泉分析期間はどれくらいですか?
【答】
通常1ヶ月です。最短5日間で対応します(特急料金が加算されます)。



Q02
【問】今までの温泉分析機関に比べてどれくらい安いのですか?
【答】
お急ぎでない場合、1割程度お安く対応しています。
複数の源泉の場合、さらにお安く対応いたします。
お急ぎの場合は逆に高くなりますが、新規温泉掘削の場合など、工期短縮の節減効果 がより大きく、好評をいただいております。


Q03
【問】 今までの温泉分析機関に比べて分析精度は変わらないのですか?
【答】
「温泉法に基づく登録分析機関」として登録されるには「一定の検査能力」が必要であり、当社はその基準を満たしております。さらに計量 証明事業登録及びISO9001認定取得もしております。 当社の分析部門は、温泉水や地熱蒸気を初めとする地熱流体専門の分析機関です。
温泉水の分析には自信があります。



Q04
【問】岩手県の業者のようですが、どこでも来てもらえるのですか?
【答】
日本全国どこでも対応いたします。ただし、交通費は実費となります。



Q05
【問】隣の温泉宿さんと一緒に温泉分析を考えています。
    地域で分析を申し込むと、何かメリットやサービスはありますか?
【答】
交通費の実費分負担がお安くなります。さらに複数の温泉宿さんと一緒に申し込まれた場合、個別 の温泉の特徴をわかりやすいグラフで整理致します。ご近所と泉質が異なる場合、温泉地活性化のお役に立ちます。



Q06
【問】温泉分析結果はしっかり保守されるのですか?
【答】
当社は公的分析機関ではないので、分析結果を官報で公表するようなことはございません。
結果は依頼者のみにご報告となります。



Q07
【問】どんなときに温泉分析が必要ですか
【答】
既存の温泉設備では、10年に一度更新が必要です。
新規に掘削された温泉では、掘削後に温泉の認定を受ける時に必要です。また、二つの源泉を混ぜたりして使用する場合など、実際に浴用に使用する状態で温泉分析を行う必要があります。



Q08
【問】スケール対策も同時に考えています。一緒に頼む事はできますか?
【答】
カルシウム系のスケール防止実績が多数ございます。特に蒸気を伴う高温泉の対策を得意としております。お気軽にご相談ください。



new

 
 関連ページへ

 温泉スケール抑制システム
 ■地熱・温泉開発
 地化学調査
 公表文献 その他


Copyright (C) 2002 JMC Geothermal Engineering Co., Ltd. All Rights Reserved.